So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2014年10月 |2014年11月 ブログトップ

ふなっしーの中の人はイケメン? [芸能]

ふなっしーの“中の人”が注目を集めている。女子アナやタレントなどからかなりもてている様です。
「中に入っているKさんはいまだ独身。年齢も30代前半で、背が低いことだけを除けば、なかなかのイケメン」という事です。ギャラは交通費込みの2万円でしたが、今では出演料一本当たり最低80万円~と約40倍にも高騰しているそうです。また、ふなっしーは29日、都内において行われた、フジカラーふなっしーポスト除幕式の年末年始の話題で、紅白歌合戦出場をにおわせる爆弾発言をしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

エボラ感染の疑いがある男性、日本に入国~その後 [エボラ]

エボラ感染の疑いがある男性が日本に入国しました。この男性は、アフリカのリベリアへの渡航歴があり、羽田空港で発熱を訴えた40代の日系カナダ人ジャーナリストで、イギリス・ヒースロー空港を現地時間26日午後7時ごろに出発し、全日空278便で午後4時ごろ、羽田空港に到着した。
27日午後、東京都内の指定医療機関に男性を収容し、搭乗した機体について、27日夜に検疫当局が消毒を実施しました。また、厚生労働省は男性の近くに座っていた乗客数人に対し、緊急の事態に備えて連絡先などを確認した。
男性の血液を国立感染症研究所で検査した結果、28日、陰性の確認が発表されましたが、男性は念のため、引き続き3日程度入院し、健康観察を続けています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

エボラウィルスを99%殺菌できるマスク [エボラ]

エボラウイルスを99%殺菌できるマスクを、愛知県豊橋市のフィルター製造「株式会社くればぁ」が開発しました。
マスクは当初、中東で猛威を振るった感染病「MERS」対策として開発され、後にエボラ用に改良しました。
マスク全体に「4級アンモニウム塩」という物質をコーティングして、エボラウイルスと化学反応を起こし、エボラ菌の侵入を防ぐだけでなく、ウイルスを不活性化させ、効き目は100回以上洗濯しても有効だということです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

山下智久、大森美和とのスキャンダル [芸能]

器物損壊の疑いで書類送検された山下智久さん、大森美知さんとのスキャンダルが発覚しました。
大森美知さんは堀越学園の元同級生で、ハワイ出身のアメリカ人と日本人のハーフのファッションモデルです。
書類送検される約一週間前、二人が密会していたその模様を「週刊文春」が撮影しました。
夜9時頃から飲み始め、3軒をはしごした後、最後は朝4時過ぎに渋谷の高級ホテル、 セルリアンタワーへ入ったということです。
大森美知さんは6歳までハワイで育ち、その後「non-no」などでモデルとして活躍。大手の芸能事務所プラチナムプロダクションに所属しているそうです。
プラチナムプロダクションは密会の事実を認めましたが、交際は否定。ジャニーズ事務所は回答していないということです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

エボラ出血熱に日本の対策は? [エボラ]

エボラ出血熱に、日本はどの様な対策をとっていくのか。
エボラ出血熱への対応は、感染症が国内に入り込むことをできる限り防止する対策が重要であり、厚生労働省は、法務省入国管理局に、空港での入国者全員に過去21日以内にエボラ出血熱の発生が確認されているギニアやリベリア、シエラレオネ、コンゴ民主共和国の4か国に滞在したかどうか確認を求める通知を出した。
また、診療所や病院でエボラ出血熱感染の疑いのある患者が出た場合、保健所に連絡して感染症指定医療機関で受診をすることが大切であるにもかかわらず、これら致死率の高い「1類感染症」の患者が入院できる「第1種感染症指定医療機関」が、秋田など9県で未指定であり、全国でも44医療機関(84床)しかない。もし水際対策が失敗した場合、日本はどうなってしまうのだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

吉野家のメニューに牛鍋復活 [食]

吉野家は10月22日、昨年12月から今年5月迄の期間限定で販売していたメニュー「牛すき鍋膳」を、10月29日から再発売すると発表しました。
輸入牛肉の値上がりにより、牛鍋並盛りの消費税込みの価格は以前より40円高い630円で復活します。
この牛鍋は、コンロで牛肉や豆腐、長ネギなどを煮込みながら食べるもので、スピード重視の牛丼チェーンでは初めての試みでしたが、前回は、景気回復の追い風もあり、並盛り500円超の値段でも、約1400万食を販売したヒット商品となりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「アビガン錠」ノロウイルスにも効果か! [エボラ]

10月21日、英ケンブリッジ大学は、富士フイルムのグループ会社が開発した、エボラ出血熱への効果が期待される抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠(ファビピラビル)」はノロウイルスに対しても効果を示す可能性があると発表しました。
研究では、ノロウイルスを保持するマウスに「ファビピラビル」を投与したところ、ウイルスが減少したほか、中には検出されなくなったマウスもおり、「ファビピラビル」がウイルスの増加を抑制し、自滅させる効果を発揮した結果だということです。また「ファビピラビル」はほかにも、西ナイルウイルス、黄熱ウイルスにも効果があると考えられています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

エボラの薬は日本のアビガン [エボラ]

日本の富士フイルム ホールディングスグル-プの富山化学工業が開発した抗ウィルス薬アビガン錠(ファビピラビル)は、抗インフルエンザ薬として開発されたもので、エボラ出血熱にも効果が見込めます。
アビガン錠は、細胞内での遺伝子複製を疎外し、増殖を防ぐ薬で、ウィルスに感染した、女性看護師が投与され治癒しました。
10月20日、エボラ出血熱患者への投与拡大に備えて、富士フィルムは追加生産を決定しました

エボラ出血熱ウイルスが初めて発見されたのは1976年で、感染者数284人、死亡者数151人でした。
感染者の嘔吐物、血、肉、唾液、粘液、排泄物、汗、涙、母乳、精液などから感染します。
潜伏期間は通常7日程度(最短2日、最長3週間以上)致死率は50%~90%です。

10月21日現在、患者数はアフリカで1万人を超えました。
アメリカでは2次感染が起こっており、欧州でも感染患者が発生しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

- |2014年10月 |2014年11月 ブログトップ