So-net無料ブログ作成
検索選択

米中世界大戦勃発か!! [ニュース]

米が主張撤回しなければ戦争も、中国国営紙が南シナ海問題で警告
ロイター
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKBN0OA0E020150525

真実を探すブログ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6612.html

世界最大の投資家であるジョージ・ソロス氏が新世界大戦を予言!
真実を探すブログ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6604.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ドローンをビジネスに活用 [ニュース]

コンピュータ制御により自律飛行し、搭載カメラの撮影データを送る、今話題のドローンをビジネスに活用する企業が増えています。
日本でもドローンを活用したサービスが続々登場しています。
また、人手で手間がかかっていた建設現場での測量作業の短縮化や、危険な場所でも安全に点検できる利点を理由に、ドローンの活用に踏み切る企業が増えているということです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

世界で唯一、放射能汚染食品を食べ続ける国民! [原発]

それは、日本人!
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/c97b03ba18c3826be0189ac1c6cd4fe8?fm=entry_related

台湾だけじゃあない!
福島原発事故後の世界各国の日本食品輸入禁止地図が衝撃的!
現在も世界の半数以上が日本食品規制中!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6541.html

安全デマで洗脳「食べて応援」と規制がないのは日本だけ!

甲状腺がん新たに16人 福島の子、確定は103人に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150519-00000005-asahi-soci

福島県の狭い地域だけで百名以上の甲状腺癌確定!
東日本全体では、どれほどの発症があるか見当もつかない。
それなのに未だに放射能とは無関係と突っぱね
検査拡大を拒否する国。
まさに犯罪集団!

「amaちゃんだ」より転載。
https://twitter.com/tokaiamada
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

5月以降も値上げの嵐 [食]

暮らしに身近な商品の値上げの嵐はまだ続く。
外食や食品各社は、円安と原材料の値上がりが進む中、コスト削減だけでは負担を吸収し切れないとして、消費者への価格転嫁に踏み切る。
野菜や果物など生鮮食品の高止まりに加え、外食や加工品などの値上がりが続けば家計負担が増大。
さらに、庶民の楽しみでもあるチューハイにかかる酒税の引き上げを、政府・与党は2016年度の税制改正で、検討する。

モスフードサービスは、ハンバーガー店「モスバーガー」の商品を19日から値上げする。全商品の約9割に当たる102品目が対象で、上げ幅は10~70円。

ヤクルト本社は発酵乳飲料「ジョア」を6月1日から1本当たり10円上げて100円にする。

日清フーズと日本製粉、昭和産業の3社は、家庭用の小麦粉やパスタの出荷価格を7月から値上げする。家庭用小麦粉の上げ幅は日清フーズと日本製粉が約1~3%、昭和産業が約1~4%となる。

永谷園も7月から茶漬けやふりかけなど60品目の価格について約5~10%の値上げとなる。

5月以降も値上げの嵐で、家計の負担は増えるばかり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

石原さとみさん、長澤まさみさん、ローラさん、上戸彩さん、水原希子さんらのフェロモンを引き出す [芸能]

20周年を迎える女性ファッション誌「ar(アール)」(主婦と生活社)が、石原さとみさん、長澤まさみさん、ローラさん、上戸彩さん、水原希子さんらのフェロモンを引き出した表紙で話題を集めています。さらに「雌(めす)ガール」など独特のワードでも注目され、発行部数は約3年前のリニューアルから約1.5倍になりました。
「ar(アール)」の表紙は、女優やモデルが、湯上りのような色っぽい表情を見せているのが特徴です。雑誌の表紙に最も多く登場したタレントなどを表彰する「カバーガール大賞」では、石原さんが表紙を飾った14年7月号が「最も人気な表紙」に選ばれました。またローラさんが表紙の24誌の中での「最も人気な表紙」も同誌の14年5月号が選ばれるなど人気を集めています。
表紙には、井上真央さん、能年玲奈さん、有村架純さんら、ドラマや映画でセクシーさをあまり見せない女優も登場しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グラビア

箱根山噴火の恐れ 地震が1000回を突破 [地震]

気象庁は6日、火山性地震が増加していた箱根山(神奈川、静岡県)に火口周辺警報を出し、噴火警戒レベルを平常を示すレベル1から火口周辺の立ち入りを規制するレベル2に引き上げた。レベルが2となるのは、2009年3月の警戒レベル運用開始以来初めてであり、大涌谷の風下数キロは、火山灰や小さな噴石への警戒が必要という。
箱根山を常時監視している神奈川県温泉地学研究所の観測では、7日までの地震回数が通算1000回を突破した。
今後の見通しについて、東京大地震研究所の中田節也教授(火山地質学)は「箱根山のような長く休んでいる火山の地下には熱水だまりがあり、まず水蒸気噴火が起きる。突然マグマ噴火が発生することは考えにくい」と指摘。一方で「箱根山は噴火の観測経験がなく、こうなったら危ないという値がない。地震が収まっても1カ月程度は警戒が必要」と呼びかける。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

消せない放射能 ~65年後の警鐘~ [原発]

消せない放射能 ~65年後の警鐘~NNNドキュメントより

福島第一原発事故の原因究明が一向に進まない中、早くも再稼働の動きが加速しようとしている。
放射能による被害は、実態が明らかになるまでに長い時間を必要とするが、その一例が北の大地にある。ロシアでは、半世紀以上前に放射能災害が起きていた。
高レベル放射性廃棄物を投棄した川の周辺では、手足の無い子供、膨れ上がった頭部、巨大なコブ…悪夢が世代を超えて猛威を振るっている。
政府は汚染された川沿いの村を閉鎖、古い建物を取り壊して地中に埋め、放射能を封じ込めようとした。しかし、その努力を嘲笑うかのように、今もあちらこちらで強い放射線が測定される。
収束への道程は、見えていない。
原発回帰の状況下、放射能災害の現実を見つめる。

http://t.co/4tVvmrurTE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

癌治療にも有効な免疫細胞療法 [癌治療]

EM・X GOLDは糖蜜、酵母エキス、サンゴカルシウム、粗製海水塩化マグネシウム(ニガリ)をEM(有用微生物群)で発酵させ、その過程で発生する物質から、 強力なストレスに耐え抜く力のある低分子の有用成分を抽出しています。 その多種多様な成分の中には、 わずかな量で体のはたらきを調節する役割をもつ物質も含まれています。
強力なストレスに耐え抜いた微細な有用成分は体内のすみずみまで届き、 からだの細胞や体内に共生している微生物にエネルギーを与え、 正常に働くのを助けます。 それにより、からだ全体の生命力を向上させます。
原材料はEM(有用微生物群)の発酵の力を引き出すために厳選されたもので、サンゴカルシウムや粗製海水塩化マグネシウム(ニガリ)は普段の生活で不足しがちなミネラル分の補給も考慮して使用しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog