So-net無料ブログ作成
検索選択
エボラ ブログトップ

アビガン中国が特許権侵害か。 [エボラ]

エボラ出血熱の治療薬として期待されている富士フイルムホールディングスの薬「アビガン」の模造品を、中国企業が生産し特許権侵害をしている疑いが明らかになりました。製造元の中国の四環医薬は「薬は中国人民解放軍の研究機関が、5年前から研究開発してきたものだ」と主張していますが、富士フイルムHDは2004年からアビガンの関連特許を中国で取得しており「公開している特許情報を見て製造された可能性が強い」とみられています。
同社は10月、在日中国大使館に調査を求め、アビガンの特許権侵害が確認されれば製造差し止めを求めて提訴することも視野に入れているそうです。

エボラ出血熱の最新情報(11月) [エボラ]

富士フイルムホールディングスは11日、子会社の富山化学工業が開発した「アビガン錠」について、年末から年明けにもエボラ出血熱の治療薬として国際的に承認される可能性があるとの見通しを示した。
アビガン錠は、エボラ熱の治療薬として承認を受けるため、フランスとギニアの両政府が共同で、11月中旬から、ギニアの患者60人による臨床試験(治験)に入る。治験の結果は12月末にも出て、その後1カ月程度で医薬品の承認を受ける見通し。
同社の石川隆利取締役(医薬品事業部長)によると、両政府の治験のため、すでに300人分のアビガン錠を日本政府から現地のギニアに送った。この治験は世界保健機関(WHO)も関知しているため、国際的な承認薬として世界に出荷する方向で調整しているという。
これまでにアビガン錠は、エボラ熱には未承認薬だが、フランス、スペイン、ノルウェー、ドイツの4カ国で4人の患者に投与され、全員の症状の回復が報告された。
富士フイルムによると、同社にアビガン錠は2万人分の在庫があり、30万人分の原料を確保している。
ということです。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0IV0M120141111

エボラ出血熱感染疑惑速報 [エボラ]

エボラ出血熱感染疑惑速報です。
11月7日午後に東京都内の男性がエボラ出血熱の疑いで検査を受けていることが判明しました。厚生労働省によると、3週間以内に西アフリカのリベリアに滞在したことのある都内在住の男性(60代)が38度以上の発熱の症状を訴えて、町田市の医療機関を受診したとのことです。男性は現地で患者と接触していないと発表されています。
厚生労働省は、男性を指定医療機関に搬送するとともに、血液を国立感染症研究所に運び、エボラ出血熱に感染しているかどうか確認するため念のため詳しい検査を行うことにしているということです。

日本でエボラ出血熱感染者の発見が遅れたら… [エボラ]

水際作戦をくぐりぬけ、日本でエボラ出血熱感染者の発見が遅れ、感染者が電車に乗る、するとその電車内のほぼ全員が感染・駅のホームでも感染。たった1人の感染者がどれだけの人を感染させることか、考えるだけでも恐ろしい。数日後二次感染した人達が、電車で通勤。あっと言う間に、パンデミック。この事に対する日本の対策は無い。患者を収容する場所も無い。原発の放射能問題同様、日本はお手上げですね。

エボラ感染が疑われ日本で入院した男性が退院。「大西哲光」オオニシノリミツとは… [エボラ]

日系カナダ人の大西哲光氏はニューヨークタイムズの前東京支局長で、現在サンフランシスコ支局長を務めています。彼の自己申告では、現地で感染者との接触は無いと言っていますが、彼の記事の内容を見る限り、彼が嘘をついている可能性が高いとされているようです。ニューヨークタイムズの署名記事では、西アフリカで、エボラ出血熱の患者や多くの死体と接したと思われる画像が何枚も掲載されています。また、数々の反日記事を執筆している事も知られているようです。

エボラ感染の疑いがある男性、日本に入国~その後 [エボラ]

エボラ感染の疑いがある男性が日本に入国しました。この男性は、アフリカのリベリアへの渡航歴があり、羽田空港で発熱を訴えた40代の日系カナダ人ジャーナリストで、イギリス・ヒースロー空港を現地時間26日午後7時ごろに出発し、全日空278便で午後4時ごろ、羽田空港に到着した。
27日午後、東京都内の指定医療機関に男性を収容し、搭乗した機体について、27日夜に検疫当局が消毒を実施しました。また、厚生労働省は男性の近くに座っていた乗客数人に対し、緊急の事態に備えて連絡先などを確認した。
男性の血液を国立感染症研究所で検査した結果、28日、陰性の確認が発表されましたが、男性は念のため、引き続き3日程度入院し、健康観察を続けています。

エボラウィルスを99%殺菌できるマスク [エボラ]

エボラウイルスを99%殺菌できるマスクを、愛知県豊橋市のフィルター製造「株式会社くればぁ」が開発しました。
マスクは当初、中東で猛威を振るった感染病「MERS」対策として開発され、後にエボラ用に改良しました。
マスク全体に「4級アンモニウム塩」という物質をコーティングして、エボラウイルスと化学反応を起こし、エボラ菌の侵入を防ぐだけでなく、ウイルスを不活性化させ、効き目は100回以上洗濯しても有効だということです。

エボラ出血熱に日本の対策は? [エボラ]

エボラ出血熱に、日本はどの様な対策をとっていくのか。
エボラ出血熱への対応は、感染症が国内に入り込むことをできる限り防止する対策が重要であり、厚生労働省は、法務省入国管理局に、空港での入国者全員に過去21日以内にエボラ出血熱の発生が確認されているギニアやリベリア、シエラレオネ、コンゴ民主共和国の4か国に滞在したかどうか確認を求める通知を出した。
また、診療所や病院でエボラ出血熱感染の疑いのある患者が出た場合、保健所に連絡して感染症指定医療機関で受診をすることが大切であるにもかかわらず、これら致死率の高い「1類感染症」の患者が入院できる「第1種感染症指定医療機関」が、秋田など9県で未指定であり、全国でも44医療機関(84床)しかない。もし水際対策が失敗した場合、日本はどうなってしまうのだろうか。

「アビガン錠」ノロウイルスにも効果か! [エボラ]

10月21日、英ケンブリッジ大学は、富士フイルムのグループ会社が開発した、エボラ出血熱への効果が期待される抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠(ファビピラビル)」はノロウイルスに対しても効果を示す可能性があると発表しました。
研究では、ノロウイルスを保持するマウスに「ファビピラビル」を投与したところ、ウイルスが減少したほか、中には検出されなくなったマウスもおり、「ファビピラビル」がウイルスの増加を抑制し、自滅させる効果を発揮した結果だということです。また「ファビピラビル」はほかにも、西ナイルウイルス、黄熱ウイルスにも効果があると考えられています。

エボラの薬は日本のアビガン [エボラ]

日本の富士フイルム ホールディングスグル-プの富山化学工業が開発した抗ウィルス薬アビガン錠(ファビピラビル)は、抗インフルエンザ薬として開発されたもので、エボラ出血熱にも効果が見込めます。
アビガン錠は、細胞内での遺伝子複製を疎外し、増殖を防ぐ薬で、ウィルスに感染した、女性看護師が投与され治癒しました。
10月20日、エボラ出血熱患者への投与拡大に備えて、富士フィルムは追加生産を決定しました

エボラ出血熱ウイルスが初めて発見されたのは1976年で、感染者数284人、死亡者数151人でした。
感染者の嘔吐物、血、肉、唾液、粘液、排泄物、汗、涙、母乳、精液などから感染します。
潜伏期間は通常7日程度(最短2日、最長3週間以上)致死率は50%~90%です。

10月21日現在、患者数はアフリカで1万人を超えました。
アメリカでは2次感染が起こっており、欧州でも感染患者が発生しています。
エボラ ブログトップ